「日帰り」で参加できる治験。時間に余裕がない社会人に大人気!

日帰りの治験とは?


日々忙しくしている社会人の方々にとって、週末と言えども入院などの治験には参加ができない!という方も多いと思います。この記事では、時間に余裕がない方でも参加できるモニターをご紹介します。

隙間時間や自粛期間中にできる社会貢献として、是非ご活用ください。

 

日帰りで参加できるモニターの種類


日帰りで参加できるモニターの種類にはどのようなものがあるのでしょうか?ここでは代表的なモニターを3つほどご紹介していきたいと思います。

健康食品(特定保健用食品・機能性表示食品など

健康食品モニターは、そのほとんどが日帰りタイプになります。指定の実施施設へ来院・来所し、健康食品摂取前と摂取後を比較してその効果を検証します。

治療中のご病気がある場合にはご参加いただくことができず、疾患境界域の方が対象になることが多いモニターです。例えば、体脂肪の健康食品モニターの場合はBMIが25以上の方。血圧の健康食品モニターの場合は、収縮期血圧(上)が140以上。拡張期血圧(下)が90以上などが参加条件となります。

■健康食品の代表的なモニター

・体脂肪が気になるかた
・血圧が高めのかた
・血糖値が高めのかた

新製品販売前にいち早くその効果を試すことができ、また、謝礼が高く、健康食品という比較的参加しやすいイメージから、多くの方に人気のモニターです。

健康食品の募集情報はこちら

 

化粧品・コスメ・美容モニター

化粧品モニターも日帰りで参加できるモニターです。化粧品メーカーの製品を使っていただき、その効果を検証することが目的です。多くは3ヶ月程度の期間に4.5回程度指定の通っていただく内容になっています。

30歳以上を対象に、目尻のシワやシミ・肝斑などが気になる方や、乾燥肌が気になる方を対象としておこなわれます。

■化粧品・コスメの代表的なモニター

・目尻のシワが気になるかた
・シミが気になるかた
・乾燥肌のかた

こちらも健康食品同様、新製品販売前にその効果を試すことができ、美容にも効果的なため女性に大変人気があります。販売後には高額な美容製品になることも多々あり、そのような商品を無料で使用でき、かつ、謝礼を受け取りながら参加できるため、とてもお得なモニターと言えます。

化粧品・コスメの募集情報はこちら

 

通院タイプの治験

通院タイプの治験は、主に疾患がある方向けの治療を兼ねた試験です。アトピーなどの皮膚疾患や、糖尿病・高血圧・脂質異常症などの生活習慣病。また、前立腺などの泌尿器系疾患や関節痛に至るまで、その種類は薬剤の種類に匹敵するほど多岐にわたります。

■通院タイプの代表的な治験

・アトピーの治験
・頻尿、尿漏れの治験
・糖尿病の治験

通院の治験は、ただ単にその疾患で治療をしている方が参加するだけではなく、長年治療を放置されている方が改めて治療機会を得たり、病気だと思っていなかった症状が治験に参加することで病気だと判明したりする場合もあります。

また、治験では専門の病院やクリニックで詳しい検査を受けることができるため、既にその疾患で通院治療中の方がセカンドオピニオンとして利用するケースもあります。

通院治験の募集情報はこちら

 

“日帰り”すら不要?!自宅で参加できるホームユースとは?


ぺいるーとで募集するモニターの中には、日帰りの通院すら不要なホームユースモニターがあります。これは製品や商品をご自宅で試していただき、その使い心地などをアンケートで回答していただくといったものです。