日帰り

日帰りの治験モニター特集!日帰りモニターの種類とその注意点などを大公開!

日帰りの治験モニター

日帰りの治験

日々忙しく働いている方の中には、「モニターには参加してみたいけど、時間にそれほど余裕がない」という方も多いと思います。

この記事では、まさにそのような当日に帰宅できる代表的な日帰りの治験モニターを3つご紹介していきます!

隙間時間や自粛期間中にできる副業や社会貢献として、是非ご活用ください。

日帰りで参加できるおすすめモニター3つ

では、実際に日帰りで参加できる治験にはどのようなものがあるのかを見ていきましょう。

…と、その前に、一般的に「お薬」や「健康食品・化粧品」などのモニターは、すべて治験モニターとして扱われていますが、厳密にはこの2つは異なります。ですが、この記事ではわかりやすいように同じ「モニター」としてご説明を進めていきます!

治験の種類についてはこちらの記事をご覧ください。

健康食品やサプリメント(特定保健用食品・機能性表示食品など

健康食品(特定保険用食品など)

健康食品やサプリメントなどのモニターは、そのほとんどが日帰りです。指定の実施施設へ来院・来場し、健康食品摂取前と摂取後を比較してその効果を検証します。

治療中のご病気がある場合には、ご参加いただくことができず、疾患境界域の方が対象になることが多いモニターです。

疾患境界域とは、例えば、体脂肪の健康食品モニターの場合はBMIが25以上の方。血圧の健康食品モニターの場合は、血圧が少し高い方(収縮期血圧(上)が130〜159mmHgかつ、拡張期血圧(下)が85〜99mmHg)の方。また、血糖値を下げる効果が期待される健康食品の場合は、空腹時血糖値が少し高い方(100〜125mg/dL)などが参加対象となります。

BMI計算はこちら

つまり、正常の数値以上、病気の数値未満の方が参加対象となります。

参加のメリット

日帰りで参加できることは大きなメリットですが、新製品の販売前にいち早くその効果を試すことができ、薬とは異なり健康食品という参加しやすいイメージから、毎回多くの方からのご応募をいただきます。

この健康食品のモニターは、謝礼が高額になることも多く、一般的に高額バイトと言われている入院の治験報酬を超えることも間々あります。

また、募集人数も数百名単位での募集になることも多く、参加できるチャンスが多いのもこのモニターの特徴です。

健康食品やサプリメントの代表的なモニター募集例

・体脂肪が気になる方
・血圧が高めの方
・血糖値が高めの方
・膝が痛む方
・物忘れが多い方
・風邪を引きやすい方

募集地域

健康食品モニターで募集が多い地域は、北海道・東京・大阪・福岡です。それ以外の地域でも募集されることはありますが、非常に稀です。ぺいるーとでは特に北海道恵庭市での募集が多く、募集人数は時に1回の募集で500名を超える場合もあります。

報酬の目安

健康食品モニターの謝礼目安は下記のとおりです。

事前検診(合格前):3,000円/来場回数

本試験(合格後):7,000〜15,000円/来場回数

内容によっても大きく異なりますが、例えば、12週間から16週間の期間でおこなわれ、その間の来場回数が6〜8回程度になる場合、その報酬額は約50,000〜120,000円になります。

注意点

注意

拘束時間が長くなる場合もあったり、基本的に同じ曜日・時間に足を運んでいただく必要があるため、スケジュールには注意が必要です。

また、夜勤がある方や生活習慣・食生活が不規則な方。参加期間中に海外渡航の予定がある方などは、検査データーに影響を与えてしまうので基本的に参加できません。

健康食品の募集情報一覧はこちら

化粧品・コスメ・美容モニター

 

化粧品モニター

化粧品モニターも日帰りで参加できるモニターの1つです。化粧品メーカーの製品をご自宅で使っていただき、その効果を検証することが目的です。

このモニターの多くは、女性を対象に目尻のシワやシミ・肝斑などが気になる方や、乾燥肌が気になる方を対象としておこなわれ、3ヶ月程度の期間に3.4回程度指定の場所へ通っていただきます。

参加のメリット

メリット

健康食品と同様に、こちらも新製品販売前にその効果を試すことができ、美容にも効果的なため女性に大変人気があるモニターです。

メーカー側として、ひとつの商品でこのようなモニターを実施するということは、それなりに効果に自身を持っているということです。また、お金と時間を費やしているため、販売後には高額な美容製品になることもあります。

そのような商品を無料で使用でき、かつ、謝礼を受け取りながら参加できるため、とてもお得なモニターと言えます。

化粧品・コスメの代表的なモニター募集例

・目尻のシワが気になる方
・シミが気になる方
・乾燥肌の方向けの化粧品モニター
・肝斑がある方

募集地域

化粧品・コスメモニターで募集が多い地域は、北海道と東京・大阪です。ぺいるーとでは、今のところ北海道と大阪の募集が多くなっています。

報酬の目安

化粧品モニターの謝礼目安は下記のとおりです。

事前検診(合格前):3,000円/来場回数

本試験(合格後):3,000〜7,000円/来場回数

化粧品モニターの参加期間は通常4週間から12週間ですので、来場回数は3回から9回。報酬の目安は大体15,000円〜50,000円になります。

注意点

注意点

高級な化粧品を試せてお金ももらえる!と、メリットしかなさそうなモニターですが、注意点もあります。

それは、お顔の半分でその化粧品の効果を検証するため、お顔の片側でしか試験品を試すことができないということです。また、来場時にお化粧を落としていただく必要がありますので、お化粧道具を持参する手間などもあります。

健康食品モニター同様、こちらも参加後のスケジュールは基本的に同じ曜日・時間で組まれるため応募の際には事前に確認が必要です。

化粧品・コスメの募集情報一覧はこちら

通院タイプの治験

通院タイプの治験は、主に持病がある方向けの治療を兼ねた試験です。アトピーなどの皮膚疾患や、糖尿病・高血圧・脂質異常症などの生活習慣病。また、泌尿器系疾患や関節痛に至るまで、その種類は多岐にわたります。

参加のメリット

通院の治験は、ただ単にその疾患で治療をしている方が参加するだけではなく、長年治療を放置されている方が改めて治療機会を得たり、病気だと思っていなかった症状が治験に参加することで判明したりする場合もあります。

また、治験では専門の病院やクリニックで詳しい検査を受けることができるため、既にその疾患で通院治療中の方がセカンドオピニオンとして利用するケースもあります。

通院タイプの代表的なモニター募集例

・アトピーの治験
・頻尿、尿もれが気になる方の治験
・糖尿病、高血圧の方の治験
・認知症の治験
・ニキビの治験
・ワクチンの治験

募集地域

通院タイプの治験は日本全国の医療機関で実施されていますが、北海道・関東・関西・九州などの都市部に集中しています。

報酬の目安

治験モニター(日帰り通院)の謝礼目安は下記のとおりです。

事前検診(合格前):3,000〜5,000円/来場回数

本試験(合格後):7,000もしくは10,000円/来場回数

本試験では、通院ごとに7,000円か1万円が支払われます。持病を放置されている場合はもちろんですが、普段から持病のための通院費をご自身で支払われている場合には、特にメリットの高いモニターといえます。

治験の報酬についての詳細はこちらの記事も併せてご覧ください。

注意点

治験の注意点といえば、副作用を想起される方も多いと思います。

治験は危険?治験の死亡事故や副作用について解説!

上の記事でも触れていますが、はじめて治験に参加される方は、怖いイメージを抱いている方が大半です。

100%安心してくださいと言うことはできませんが、副作用は世の中の薬すべてに共通する問題です。

治験の参加前には治験に関する十分な説明(インフォームド・コンセント)を受けられますので、説明を聞いて十分納得した上で参加することができます。また、治験への参加は自由意志ですので、いつでも参加を取りやめることができます。

通院治験の募集情報一覧はこちら

“日帰り”すら不要?!自宅で参加できるホームユースとは

ホームユースモニターとは

ぺいるーとで募集するモニターの中には、日帰りの通院すら不要なホームユースモニターがあります。これは整髪料やシャンプーなどの製品をご自宅で試していただき、その使い心地などをアンケートで回答していただくといった内容です。

こちらも大人気で募集と同時にすぐ定員となってしまうこともありますので、こまめに「ぺいるーと」の募集情報をチェックしてみるようにしてください!