その爪の症状、もしかしたら「爪の水虫」かもしれません。

爪白癬(つめはくせん)という病気をご存知ですか?足の爪の色が白色や黄色に変色したり、ボロボロと爪が欠けるなどの症状がある方は要注意です!治験を通じて治療してみませんか?

日本人の10人に1人が爪水虫!

足の水虫は一般的によく知られた病気ですが、その足の水虫症状がある方の約半数が爪水虫(爪白癬)にも感染しています。日本には爪水虫の患者さんが1,000万人以上いると言われており、症状がないため気付きにくく、一度発症すると治りにくいのが特徴です。今回ご紹介する治験では、通院ごとに毎回7,000円から10,000円の負担軽減費(謝礼)が支払われますので、お気軽にご参加ください。

爪水虫ってどんな病気?

爪が白色や黄色に変色し、表面が凸凹。爪が分厚くなってボロボロと欠ける。縦に白いスジが入っている…などの症状があります。症状に気付きにくいため実際に治療されている方はほとんどいらっしゃいません。治験に参加すると、初診料や再診料を負担いただきますが、通院毎に7,000円〜10,000円の負担軽減費を受け取りながら、実質無料で専門医の元で治療することができます。

爪水虫は、家庭内でうつりやすい。

ボロボロになって崩れ落ちた爪には、水虫菌がたくさん潜んでいます。洗濯やお風呂では、菌が水に流されてしまうので心配いりませんが、スリッパ・バスマットなどジメジメした場所から、大切な家族にうつしてしまう危険性大!わざわざ治療するほどでも…と思っている方も、治験を通じてお得に治療してみませんか?

爪水虫の治験って?

はじめて治験への参加を検討される方は不安がいっぱいだと思います。爪水虫の治験はどこでおこなわれていて、どのような流れで参加するのでしょうか?

負担軽減費(謝礼)について

治験はどこでやってるの?

全国各地の複数の医療機関(病院・クリニック)で治験参加者を募集しています。職場や自宅の近くからご参加いただけるように最寄りの施設をご案内します。

ご参加いただける方

・有効期限内の保険証をお持ちの方
・足の親指の爪に爪水虫の症状がある方
・3ヶ月以内の治験参加歴のない方

治験概要・スケジュール

治験参加期間は約1年間です。1ヶ月に1〜2回程度通院していただき、爪水虫の治療薬を塗布(※)していただきます。今回ご紹介する治験では、通院ごとに毎回10,000円の負担軽減費(謝礼)が支払われます。※プラセボ(偽薬)の場合もございます。

応募の流れ

爪水虫の治験へ応募する流れについて説明します。
また、ぺいるーとではこの他にもお得なモニター情報を掲載していますので、ご興味のある方はこちらからご覧ください。

その他のモニターはこちら

①アンケート回答・写真送付

ご応募いただいた方には、メールでWEBアンケートを送信しますのでお答えください。後日、アンケート内容を確認させていただき、該当された方には足の爪の写真をお送りいただきます。

②予約

実施施設の担当医がお送りいただいた写真を確認後、該当された方には順次コールセンターからご連絡させていただき、治験実施クリニックへご紹介します。

③治験へ参加

ぺいるーとでのご予約完了後は、医療機関の治験担当者(治験コーディネーター)からのご連絡をお待ちください。治験コーディネーターと日程調整のうえ、治験へご参加頂きます。

お申し込みフォーム

もう少し詳細を確認してからご予約されたい方も、まずはお気軽にこちらからご応募ください。ご予約前に詳細をご説明致しますので、その際に最終的な判断をされても問題ございません。


会員登録がお済みの方はコチラからログインしてご応募ください

会員登録がお済みではない方は以下から登録・応募してください


(株式会社エディハスは個人情報保護法を遵守し、お客様の氏名、住所、電話番号、 Eメールアドレス等お客様を特定することのできる情報(以下、個人情報といいます)を 適正に取扱うことが企業の重要な社会的責務であると考えております。( 詳しくは下記を参照してください。)