トップ 豆知識 > 治験(臨床試験)モニターQ&A

治験(臨床試験)モニターQ&A

治験(臨床試験)モニターQ&A

 

その疑問にお答えします!

 

  モニターに参加するメリットってなんですか?

  社会貢献や負担軽減費(報酬)など。

このようなモニターに参加するメリットの一つとしては、やはり負担軽減費(報酬)があげられます。

また、特にお薬の治験モニターの場合は、社会貢献や最新の治療薬を試すことができる機会にもなります。

このようなモニターを通して、普段あまり気に留めないご自身の健康状態を知ったり、セカンドオピニオン(他の医師の意見を求めること)としても非常に有効です。


  治験で使う薬に副作用はありますか?

  ないとは言い切れません。

世の中で薬と言われているものには必ず副作用があり、治験で使う薬も例外ではありません。

副作用というと深刻なものを考えがちですが、風邪薬などで起こる眠気やだるさなども副作用に含まれます。

治験では安全性を最も重視しており、事前に参加される方にも予想される副作用について説明があります。

もちろん、治験参加中は必ず担当の医師や看護師がおり、何かあればすぐに相談できる環境が整っています。

また万が一、何らかの健康被害が生じた場合には、それにかかる治療費や入院費用などは製薬会社が負担することになっています。


  治験と人体実験の違いは?

  全く異なります。

治験とは、「本人の意思に基づいておこなわれる臨床試験」のこと。

一方、人体実験とは「本人の意思を無視しておこなわれる実験」のことをいいます。
治験はさまざまな法律や規則のもと、人権を最優先にしておこなわれます。


  プライバシーは守られるの?

  守られます。

モニターに参加する方のプライバシーや人権は、治験に関する様々なルールに基づき厳重に守られています。

ご参加いただくモニターによって得られた検査結果や氏名などの個人情報は関係者(医療機関や製薬会社など)から外部に漏れることは一切ありません。


お金について

 

  モニターに参加すると報酬がもらえる?

  もらえます。

臨床試験のモニター参加者には、負担軽減費(報酬)としてお金が支払われます。
支払方法はモニターによっても異なりますが、現金手渡しや銀行口座への振込によって支払われます。

 

負担軽減費(例)


  高額なお金がもらえるのはなんで?

  モニターへのご協力の対価として支払われているものです。

時間などの拘束や交通費、日誌などの作業に対する対価として支払われます。

入院日数などが長い治験モニターなどは拘束時間も長い為、高額な負担軽減費となる場合もあります。


  確定申告などは必要?

  基本必要ありません。

治験モニターへの参加は「アルバイト」ではなく「ボランティア」として参加していただくため、治験モニター参加によって得られた負担軽減費は、「給料」や「報酬」とは異なり消費税非課税・雑所得扱いとなります。

ただし20万円を超えると課税対象となりますので、確定申告をする必要があります。


  モニターの参加にお金はかかりますか?

  かかる場合もあります

健康食品や美容コスメ、健康な方を対象とした入院タイプの治験モニターなどでは、基本的に実施施設までの交通費のみご負担いただきます。

一方で、疾患をお持ちの方を対象とした通院タイプの治験モニターの場合は、交通費のほかに初診料や再診料を医療機関の窓口でご負担いただきます。

ただし、どちらの場合も治験モニターにご参加いただく方の経済的負担などを減らす目的で、負担軽減費(報酬)のお支払いがありますので、完全に自己負担となることは通常ありません。


応募・参加について

 

  キャンセルや辞退は自由にできますか?

  可能ですが、注意点があります。

決められた来院予約や同意説明後のキャンセルや辞退に関しては、極力無いようにお願いしております。

ひとりの急なキャンセル・辞退などによって、治験モニター全体へ影響がでたり、他の参加者にも迷惑がかかることがあります。


  2つの治験モニターに同時に参加できますか?

  できません。

モニター内容に関わらず、複数のモニターのかけもちは禁止されています。

同時に複数のモニターに参加してしまうと、安全性や有効性に対する正しいデータが取れなくなってしまいます。

また、モニターにご参加いただく方の安全性にも関わってきます。


  未成年でも登録・参加できますか?

  はい。

未成年の方でも会員登録は可能です。

治験モニターの中には未成年の方を対象としたものもありますので、その場合はモニターへのご参加も可能です。

ただし、未成年の方が参加する場合は原則、保護者同伴でご参加いただきます。


  保険証がない、生活保護でも参加できますか?

  参加可能な場合もあります。

入院タイプの治験モニターや健康食品、美容・コスメモニターなどは、保険証がない方でもご参加いただける場合があります。

疾患をお持ちの方を対象とした通院タイプの治験モニターの場合は、診察がありますので、基本保険証がないとご参加いただけません。

このようにモニターによっても異なりますので、ご応募の際にお気軽にお問い合わせください。

生活保護の方は、負担軽減費が収入としてみなされ、受給額の減額や打ち切りにもなりかねませんので、原則、ご参加いただけません。


  ハーフやクォーターでも登録・参加できますか?

  できます。

もちろん、ハーフやクウォーターの方でも会員登録は可能です。

しかし、現在ぺいるーとで募集している治験モニターのほとんどが日本国籍を有する日本人の方を対象としたモニターとなっていますが、中には外国籍の方やハーフ・クォーターの方が対象となるモニターもありますので、対象となる治験モニターの募集がある場合は是非ご協力をお願い致します。


  刺青があると参加できませんか?

  試験や施設によって異なります。

実施施設や刺青の場所・大きさなどによっても判断が異なる場合があります。

ご予約の際にご申告いただき、参加可否をご確認ください。


  友人や家族と参加したいのですが、大丈夫ですか?

  もちろん、大歓迎です。

その場合は、ご一緒に参加される方にも当サイトへの会員登録をお願いしています。

なお、事前検診の結果などによっては必ずしも一緒にモニターにご参加いただけるとは限りませんので予めご了承ください。


治験モニター参加中・参加後について

 

  モニター参加途中で風邪などの病気になった場合はどうすればいいですか?薬を飲んでも大丈夫?

  まずはご相談下さい。

モニター参加中に体調を崩された場合は、ご自身の判断で薬を飲んだりせずに、まずは実施施設担当者にご相談ください。

またモニターによっては、「事前検診参加〇日前から薬やサプリメントの摂取が禁止」などの制限があることもあります。


  採血が苦手でも大丈夫ですか?

  苦手でも採血が可能でしたら参加できます。

事前検診を含め、モニター参加中の採血にご協力いただけるのであれば大丈夫です。

ただし、モニターによって採血の取りづらい方や、採血の際に貧血を起こされたことがある方などは参加をご遠慮いただく場合があります。

なかには採血回数が少なかったり、全く採血をおこなわないモニターもありますので、ご応募の際にお気軽にお問い合わせください。


  入院の治験モニターに参加した場合、採血は何回ありますか?

  試験により異なります。

ご参加いただく治験モニターによっても異なりますが2泊3日の入院の場合、約8回ほどです。

1回あたりの採血量はごくわずかですし、施設によっては採血のたびに針を刺さなくてもよい留置針(りゅうちしん)がある場合があります。


  事前検診の検査結果は教えてもらえますか?

  本人が希望すれば可能です。

事前検診の検査結果については原則、モニター実施機関にて保管されます。
結果が知りたい場合は実施施設担当者に直接お問い合わせください。

トップに戻る